タキシードマナー

東京のパーティはドレスコードがある?

ドレスコードについて

東京都では結婚式場やレンタルスペースやパーティ会場が数多く点在していますが、タキシードを着用する場合に、ドレスコードはどのようよなっているのでしょうか。

ドレスコードとは、結婚式やパーティなどの公式的な場に招待された場合に、着用する服装の指定や格式の事を指しています。もっとわかりやすく言えば、公式的な場に招かれた時での服装に関する基準が決められていて、服装に関するマナーなどのことも含めてドレスコードと言います。

とくにゴージャスな雰囲気のセレブが集まるパーティでは、ドレスコードが使われることもありますが、一般の人の結婚式や披露宴、パーティに招待された場合でも、招待状には「男性の服装はネクタイを着用のこと」と記載されているものもありますが、実はこれもドレスコードです。

とくにパーティや結婚式などの行事とは関係なく、一流レストランでランチやディナーをする場合にも、来店時の服装について、あらかじめある一定の基準が決められているところもあります。

一般企業に勤める社員の服装について、制服の着用が義務づけられている企業もあれば、あえて制服の着用を義務づけていない企業もありますが、ある一定の基準が決められているところもあり、これらはすべてドレスコードです。

タキシードを新調するよりレンタルがおすすめ

東京都では数多くの場所でいつもどこかでパーティが開催されており、結婚式や企業の創立記念パーティ、本の出版記念パーティなど実に多くのパーティが開催されています。パーティは陸の上だけではなく、豪華客船のディナークルーズなどでパーティが開催されることもあります。

結婚式やパーティに招待された時に、パーティが開催される日はすでに決まっているので、その日に間に合うようにタキシードを新調する人もいますが、高いお金をかけてタキシードを購入しても、それほど頻繁に着用する機会がなく、年に1~2回程度パーティに出席するくらいであれば、東京都内にはタキシードレンタルの専門店がたくさんありますので、その都度借りたほうが経済的ですね。

お店によってもレンタル料金には格差が生じていますが、タキシードのみを借りられるお店もあれば、タキシードと合わせて小物もセットでレンタルできるお店がありますので、大変お得です。