東京のタキシードレンタルの特徴

パーティが多い東京だからこそタキシードで臨む

タキシードの種類と歴史

結婚式やパーティなど男性が着用するフォーマルウェアの代表格と言えば、タキシードですよね。

タキシードの種類には大きく2種類ありますが、ヨーロッパで誕生したタキシードとアメリカを発祥地とするタキシードがあります。さらに、その中でも襟元のデザインにはさまざまな種類があり、その年の流行などもあります。

アメリカでタキシードが誕生したのは、19世紀後半頃とされており、ニューヨークの上流階級のパーティが発祥の地とも言われています。

ヨーロッパで誕生したタキシードは、1870年代にイギリスの紳士の間で流行して、室内でタバコを吸うなどくつろぎの時間に着用していたことから、喫煙服とも呼ばれていたそうです。

今では公式的なパーティや結婚式、披露宴などのお祝いの場所で着られるようになり、レンタルしショップに行けばいつでも手軽に借りられるようになりました。

東京都では、いったいどれくらいのパーティが開催されているのか、まったく想像すらつきませんが、パーティが多い東京だからこそ、タキシードで臨みたいと考えている男性は多いのではないでしょうか。

 

タキシードの襟に注目

ヨーロッパで発祥したタキシードとアメリカで誕生したタキシードは、どのような違いがあるのでしょうか。タキシードに詳しい人なら、2つのタイプをそれぞれ比較するとすぐにわかると思いますが、素人ではなかなかわかりづらいものです。

その前に、タキシードという名前の由来についてご紹介したいと思いますが、インディアンの言葉で「タクシット」という言葉が、タキシードの語源だとも言われています。

わたしたちが結婚式やパーティなどの公式的な場で見かけるタキシードは、成人男性が着用するフォーマルウェアとして定着しており、気品が感じられますが、タキシードの語源とされるタクシットという言葉は、クマや狼などの野生動物のことを表わす言葉とされているので、少し意外な感じですね。

ヨーロッパスタイルとアメリカンスタイルのタキシードの違いは、襟元を見れば判断がつくと思います。
アメリカンスタイルではショールカラーが一般的で、ヨーロッパスタイルでは燕尾服に近い感じのデザインが主流です。

東京のタキシードレンタルショップでは、ヨーロッパスタイルとアメリカンスタイルのいずれも用意されており、デザインやカラーバリエーションが豊富です。